3点看護師転職
ホーム > 健康 > カテキンのガン・アレルギー抑制効果について

カテキンのガン・アレルギー抑制効果について

お茶やコーヒーにある特徴的な渋みや苦み成分は、ポリフェノールの作用によるものです。

 

 

 

緑茶に含まれるカテキンには、ガンやアレルギーの抑制に役立ちます。コーヒーの特徴である苦み成分のクロロゲン酸は胃酸の分泌を促して胃の働きを助けたり、肝硬変にも役立つとされています。ポリフェノールはココアにも多く含まれて、虫歯の予防効果やストレス解消・ピロリ菌を抑制する効果も有るとされています。

 

 

 

赤・青・紫などの色素成分であるアントシアニンはブルーベリーやブドウ、プルーンなどに多く含まれていて、視覚機能の改善に効果があるとされています。大豆に含まれるイソフラボンは特に胚芽部分に多く含まれていて、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た作用をもたらすということです。

 

 

女性の更年期の症状を緩和したり骨粗鬆症の予防に役立つと言われていますので、特に女性には嬉しい成分です。黒ウーロン茶の効果は食事と一緒に摂ることで、脂肪の吸収を押さえて排出をする効果があり、体に蓄積しやすい脂肪をつきにくくさせるお茶です。

 

 

 

トクホ(特定保健用食品)として許可もされていて、その効果を実感している人は多いとされています。

最近お腹が出てきたような気がする、体脂肪を減らしたい、決まった成分を多く摂りたいときに、自然の食品であればその他のいろいろな構成物質がふくまれているので特定の成分だけが特別多くなるということは基本ありません。

 

 

しかしサプリメントなどの場合は決まった成分や栄養素がカプセルや錠剤などに濃縮されてはいっているので食品に比べて過剰に取り入れることになりやすいのです。

カプサイシンはトウガラシの辛み成分です。全身への血行促進を促し発汗作用を高めて、肩こりの解消や冷えの改善、疲労回復やダイエットまでさまざまな効果が期待できます。交感神経の働きを促すカプサイシンはアドレナリンの分泌量を高めます。

 

それによって、体内に蓄積された脂肪を分解して燃焼させる働きとなって、ダイエット効果につながります。

マグネシウムは骨の構成成分であり、エネルギーを製造したり、筋肉を使用したり、神経の伝達やホルモンの分泌などにも携わっています。

 

欠如すると、筋肉や心臓の異常、すぐ疲れるようになったり、集中力が低下することにつながります。

ストレスやお酒の飲む過ぎはマグネシウムが不足しやすくなります。現代では健康食品が数多くあって、何を選んでいいのか、問題になりますよね。

 

体に関わることなので、しっかりと調べて選んだ方がいいです。もし気になるものがあれば、健康食品の知識をもつ専門家に一度相談して、お買い求めすることを推奨します。

 

強い抗酸化作用があることが分かっています。活性酸素を取り除き、生活習慣病や老化の予防に役立ちます。

 

食中毒を防いで、ピロリ菌などに作用することで胃がん予防や胃の健康に役立ちます。

 

 

口臭を発生する場合があります。発達障害にDHAとEPAは効くのか?