3点看護師転職
ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸を多く含む食べ物について。

葉酸を多く含む食べ物について。

葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツで言うと、イチゴが有名です。

 

あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと一般的に言われています。または、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲むのも良いと思います。

 

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

 

野菜の中ではほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。

 

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けることが出来るという報告があるのです。

 

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。手軽に摂るならば葉酸のサプリを利用するのが問題ありません。

 

一般的に、妊娠してから専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。

 

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

 

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

 

あるいは、野菜も代表の一つですね。

 

食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると失われやすいというリスクを理解し、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。

 

葉酸サプリはベビ待ち女性が飲む?